環境エネルギー学科TOP > 研究室・教員紹介 > 准教授 加藤善大

研究室・教員紹介

加藤善大

3年2組クラス担任、教務委員会委員

准教授 加藤善大

担当講議科目(環境エネルギー学科)

  • 基礎化学
  • 無機化学
  • 電気化学
  • 基礎化学実験
  • エネルギー各論
  • エネルギー概論
  • 環境・エネルギーセミナー
  • 環境科学総論
  • 環境・エネルギー基礎研修
  • 環境・エネルギー研修Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ

学歴

平成 9年3月北海道大学工学部金属工学科卒業
平成14年3月北海道大学大学院工学研究科分子化学専攻博士前期課程修了
平成16年3月北海道大学大学院工学研究科分子化学専攻博士後期課程修了 博士(工学)

経歴

平成 9年4月北海鋼機株式会社入社
平成10年2月北海鋼機株式会社退職
平成16年4月東北工業大学 客員研究員(大機エンジニアリング株式会社研究員)
平成18年4月東北工業大学 環境情報工学科 講師
平成22年4月東北工業大学 環境情報工学科 准教授

所属学会

腐食防食協会、表面技術協会、電気化学会

研究分野

海水電解用酸素発生陽極,海水電解用酸素発生陰極,二酸化炭素のメタン化用アモルファス合金触媒,AFMプローブを用いたアルミニウム表面の微細加工

主な発表論文

  1. Zenta Kato, Masaki Sato, Yusuke Sasaki, Koichi Izumiya, Naokazu Kumagai and Koji Hashimoto, Electrochemical characterization of degradation of oxygen evolution anode for seawater electrolysis, Electrochim. Acta, 116(2014)152-157.
  2. Z. Kato, J. Bhattarai, K. Izumiya, N. Kumagai, K. Hashimoto, Durability enhancement and degradation of oxygen evolution anodes in seawater electrolysis for hydrogen production, Appl. Surf. Sci. , 257 (2011) 8230-8236.
  3. Z. Kato, K. Izumiya, N. Kumagai and K. Hashimoto, Energy-saving seawater electrolysis for hydrogen production, J Solid State Electrochem. , 13 [2](2009)219-224.
  4. Z. Kato, N. Kumagai,and K. Hashimoto, Sn-P alloy for Rapid and Stable production of Tin solution for tin plating, Ecs transactions,1(4) (2006)525-532.
  5. Z. Kato, N. Kumagai, K. Asami, and K. Hashimoto, The effect of tungsten addition to the intermediate IrO2 layer of MnMoO-/IrO2/Ti electrodes on the performance for oxygen evolution in seawater electrolysis, Ecs transactions,1(4) (2006)499-507.
  6. Z. Kato, M. Sakairi, H. Takahashi, Fabrication of Grooves on Aluminum Surface with Atomic Force Microscope Probe Processing, Journal of the Electrochemical Society, 148 (12) (2001)C790-C798.

一言

地球規模の環境およびエネルギー問題の一つの解である「グローバル二酸化炭素リサイクル」実現のために、電極および触媒の創製を行っています。