環境エネルギー学科TOP > 研究室・教員紹介 > 准教授 牧 雅康

研究室・教員紹介

牧 雅康

2年2組クラス担任、学生委員会委員

准教授 牧 雅康

担当講議科目(環境エネルギー学科)

  • Web技術入門
  • 環境・エネルギーセミナー
  • 環境科学総論
  • 地域環境情報
  • 地域環境調査実習
  • コンピュータネットワークⅠ
  • 環境・エネルギー基礎研修
  • 環境リモートセンシング
  • コンピュータネットワークⅡ
  • 現代科学総論A
  • 環境・エネルギー研修Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ

学歴

平成10年3月宇都宮大学農学部農業環境工学科 卒業
平成12年3月宇都宮大学大学院農学研究科農業環境工学専攻修士課程 修了
平成15年3月筑波大学大学院社会工学研究科都市・環境システム専攻博士後期課程 修了 博士(社会工学)

経歴

平成15年4月 筑波大学大学院ビジネス科学研究科 準研究員
平成16年10月 岐阜大学流域圏科学研究センター COE研究補佐員
平成18年4月 京都大学大学院工学研究科 助手
平成19年4月 京都大学大学院地球環境学堂(兼任:京都大学大学院工学研究科) 助教
平成24年4月 京都大学大学院工学研究科 助教
平成26年4月 東北工業大学環境エネルギー学科 講師
平成28年4月 東北工業大学環境エネルギー学科 准教授

受賞歴

平成21年11月システム農学会 平成21年度秋季大会優秀発表賞
平成21年11月日本リモートセンシング学会 平成21年度論文奨励賞

所属学会

日本リモートセンシング学会、日本写真測量学会、システム農学会

研究分野

陸域リモートセンシング

著書

  1. K. Oki, K. Noda, K. Yoshida, I, Azechi, M. Maki, K. Homma, C. Hongo, H. Shirakawa, "Development of an Environmentally Advanced Basin Model in Asia ", Chapter 2 in "Crop Production" ,Intech, ISBN: 978-953-51-1174-0, DOI: 10.5772/54926.

主な発表論文

  1. K. Miyaoka, M. Maki, J. Susaki, K. Homma, K. Noda, K. Ok, Rice-planted area map¬ping using small sets of multi-temporal SAR data, Geoscience and Remote Sensing Letters, DOI: 10.1109/LGRS.2013.2261049, 2013.
  2. K. Miyaoka, M. Maki, J. Susaki, K. Homma, K. Yoshida,and C. Hongo, Detection of rice planted area using multi-temporal ALOS/PALSAR data, IGARSS 2012, FR3.10.2, pp. 6777-6780, 2012.
  3. 牧雅康, 高橋厚裕, 岡野哲郎, 小熊宏之, 可搬型3次元レーザスキャナデータと放射伝達モデルを用いた林床光環境の推定手法の開発, 日本リモートセンシング学会誌, 32, pp. 77-87, 2012.
  4. Y. Song, M. Maki, J. Imanishi and Y. Morimoto, Voxel-based estimation of plant area density from air-borne laser scanner data, Proceedings of ISPRS Workshop Laser Scanning 2011, CD-ROM, 2011.
  5. 橋本直之, 牧雅康, 田中賢治, 田村正行, 作物農事暦推定にむけたLAI時系列変化パターン抽出方法の検討, 日本リモートセンシング学会誌, 29, pp. 381-391, 2009.
  6. 牧雅康、後藤誠二朗、石原光則、西田顕郎、児島利治、秋山侃, 衛星データと数値標高モデル(DEM)を用いた林床ササ分布図の作成, 日本リモートセンシング学会誌, 28, pp. 28-35, 2008.

一言

私の研究室では、衛星や航空機から得られた画像を用いた地域・地球規模の環境モニタリングを行っています。得られた画像データから有益な情報を抽出するためには、画像処理の知識だけではなく、幅広く様々な分野の知識を習得することが求められます。このような研究に興味のある学生は、ぜひ研究室に遊びに来てください!