環境エネルギー学科TOP > 就職と資格 > 就職内定者のvoice

就職と資格

就職内定者のvoice

環境エネルギー学科の4年生、大学院環境情報工学専攻の院生の就職内定者の声を順次掲載します。就職試験、面接に対してアドバイスもしてくれているので、ぜひ読んでみてください。
■掲載内容は平成30年1月現在のものです。

佐藤 みなみさん
平成30年3月卒業見込/日鉄住金パイプライン&エンジニアリング株式会社 内定

 私は、環境分野の中でも特に発電に興味があり、発電に関わるプラントエンジニアリング をしたいと思い、発電プラントに関われる仕事を探していました。この会社では高い技術力を持ち、LNG基地のプラント設備の建設を行っており、何よりも人事の方々の人柄に魅かれ志望しました。これからの社会で、エネルギー問題は最も重要な課題なので、より良いプラントを建設したくさんの経験を積みながら、社会に貢献できる技術者になっていきたいです。  

佐藤 峯人さん
平成30年3月卒業見込/日本郵便株式会社 内定

 就職活動するにあたり、いろいろな会社の説明会に参加しました。そんな中、日本郵便の説明会に参加したときに伺った人事担当の方や説明会の進行役のお話から、若くても意欲があればどんどん業績を上げられる環境が整っているという印象が強く残りました。私はその環境に身を置いてみたいと思うようになり、結果、志望につながりました。入社後は、与えられた業務をこなすだけではなく、熱意をもっていろいろなことに挑戦していきたいです。  

十文字 雄大さん
平成30年3月卒業見込/ 新菱冷熱工業株式会社 内定

 大学の講義で省エネルギーについて学んでいくうちに、その関連分野に関心をもつようになりました。そして、大学主催の企業説明会の時に人事担当の方から省エネルギーに高く貢献している空調技術があることを伺い、その技術に魅力を感じたことが新菱冷熱工業への志望につながりました。将来的には東北地域の主要建造物の空調設備に携わり、省エネルギー社会の構築に貢献していきたいです。  

丹治 倫輝さん
平成30年3月卒業見込/ 株式会社ユアテック 内定

 私は元々、人々の生活を支えることにつながる職に就き、東北地域の人々の生活を快適にしたいという思いをもっていました。また、学科で学んできた知識も活かしたいという思いもありました。ユアテックはその思いにぴったりであり、そのことが志望につながりました。入社後は、これまで以上に多くのことを学び、一社会人としても立派な人間になれるよう精進していきたいです。  

水戸 研佑さん
平成30年3月卒業見込/ 東日本旅客鉄道株式会社 内定

 私は東日本大震災を経験して、“東北の地域活性化”に貢献したいと漠然と考えていました。企業研究を進めていくうちに、JR東日本は運輸業だけでなく、「駅を中心とした魅力あるまちづくり」や「観光」「6次産業化」などにより、地域活性化の取り組みを行なっていると知り、その点に魅力を感じ志望しました。大学の知識をあまり生かせない職種であるがゆえに不安は大きいですが、尻込みせずに何事にも挑戦し、ひとつひとつ学んでいきたいです。