環境エネルギー学科TOP > 就職と資格 > 就職内定者のvoice

就職と資格

就職内定者のvoice

環境エネルギー学科の4年生、大学院環境情報工学専攻の院生の就職内定者の声を順次掲載します。就職試験、面接に対してアドバイスもしてくれているので、ぜひ読んでみてください。
■掲載内容は平成28年11月現在のものです。

荒明 柚紀さん(エコロジーコース)
 平成29年3月卒業見込 / 会津信用金庫 内定

 大学の講義で地域環境について考えるようになり、地元に貢献することを目標にして地域と密着した企業に就くことを考えました。初めは、ただぼんやりと理系でかつ環境について学んできたので設備系などの職種に絞って就職活動をしていました。しばらくして行き詰ったときにもう一度自己分析をしたところ、自分の目指すべき方向が見つかりこの業界にご縁があり希望いたしました。金融業の知識はほとんどないので覚えることが多いですが、日々努力して立派に成長していきたいです。  

菊地 翔太さん(エネルギーコース)
 平成29年3月卒業見込 / カメイ株式会社 内定

 東日本大震災を経験し、私はこれから先何十年と原子力発電に頼ることができないと考え ています。このため、エネルギー事業を中心に東北地方を支え続けてきたカメイ株式会社で、 水素を利用したエネルギーシステムを普及させ、豊かな東北地方を造りたいと思いました。卒業研究では、CO2を排出させない持続可能なエネルギーシステムの実現に向けて、海水の電気分解のための電極材料の研究を行っています。この知識を少しでも生かし、総合商社ならではの長年培った幅広い情報や技術を活用しながら会社に貢献していきたいと考えています。  

近野 謙太郎さん(エネルギーコース)
 平成29年3月卒業見込 / 株式会社ユアテック 内定

 大学で学んでいくうちに、省エネルギーで環境に配慮したものづくりに興味を持ち、関連した仕事に就きたいと考えていました。そんな中、東北でも多数の施工実績を有し、災害時でも早期復興などの地域貢献をしているこの会社に魅力を感じ、志望しました。大学では電力やエネルギー制御や変換工学を学んできました。現在は施工管理技師の資格取得の勉強に努めております。就職しても技術や知識の習得に励んでいき、社会に貢献していきたいです。  

佐藤 光弘さん(エコロジーコース)
 平成29年3月卒業見込 / 岩手大学大学院農学研究科 合格

 大学の講義で、地球温暖化や廃棄物の問題への対応から環境面で優れている木質バイオマスに興味を持ち、より専門的に研究したいと考えこの大学院を志願しました。大学では間伐材をはじめとする木材の多段階利用に関する研究を行っています。材料として木材の性質を学ぶだけでなく、近年の日本の林業の動向を理解し、森林・林業に関する政策の知識の習得にも努めています。異なる分野への進学となりますが、工学部で学んだ定量的に物事をとらえる姿勢を忘れず、学ぶ姿勢を大切にしたいと思っております。  

髙橋 未来さん(エコロジーコース)
 平成29年3月卒業見込 / 株式会社北日本朝日航洋 内定

 私は研究室でリモートセンシングを学んでいます。また地図や地理、GIS技術について興味があります。それらを学びながら仕事にして働いていきたいと考えていました。この会社では測量や調査に空間情報技術を用いているだけでなく、コンサルタント業務も一貫して行っているという点に魅力を感じ志望しました。身近なところであらゆる形で社会に貢献している会社で働き、自分自身も会社だけでなく社会の役に立ちたいです。社会人になっても学ぶ姿勢は忘れず、覚えた知識を応用できるように、これからも成長していきたいです。  

林崎 真樹さん(エネルギーコース)
 平成29年3月卒業見込 / 新日本空調株式会社 内定

 大学の講義で環境問題や省エネルギー対策について興味を持ち、学んだ技術を活かしたいと思うようになりました。そんな中、地球温暖化の対策として排熱を有効利用するエネルギーシステムに魅力を感じこの会社を志望しました。大学では非接触給電に関する研究を行っています。電気工学だけでなく材料に関する知識の習得にも努めています。入社してからは空調や設計など学ぶことが多々ありますが、社会人としての自覚を持ち楽しく何事にも挑戦していきたいです。  

吉田 一貴さん(エコロジーコース)
 平成29年3月卒業見込 / JR東日本株式会社 内定

 私は大学で環境問題やエネルギーの知識を中心に学んでいます。社会における環境活動や省エネ活動に興味が湧き、身近な分野で環境負荷低減に関わる仕事に就きたいと考えるようになりました。この企業では駅や列車制御等、様々な部分で環境保全技術が用いられており、身近な分野で環境に配慮しているという点に興味を持ち、志望しました。講義や研究室で学んだ物事を多面的にとらえる力、環境保全や電気等エネルギーの知識を生かしつつ、社会人になってから得る知識も活用できるように日々精進していきたいです。