環境エネルギー学科TOP > 就職と資格 > 資格取得者のvoice

就職と資格

資格取得者のvoice

環境エネルギー学科の学生、大学院環境情報工学専攻の院生の資格取得者の声を順次掲載します。資格取得は就職試験にも役立つものです。勉強に対しのてアドバイスもしてくれているので、ぜひ読んでみてください。
■掲載内容は平成28年11月現在のものです。

四野見 幸樹 さん 3年生(エネルギーコース)
 エックス線作業主任者 / 取得年月日:2016年12月9日

■なぜ、この資格を取ろうと思いましたか?
私は、大学に入学してから1つくらいは資格を習得しなければいけないと考えていました。 そこで研究室に配属された時にこの資格の習得を推奨され、少しでも就活の際に役立てばと 思い受験しました。

■資格試験の勉強方法は?
講義で使用したエックス線作業主任者試験のテキストを何度も復習して、基礎を理解して から、Webにある過去問題をなるべく多く解くことで応用力を高めました。

■今後の目標は?
この資格を習得したことで、他の資格などにも挑戦したいという意欲が湧きました。 就活に力を注ぎつつ、資格勉強も頑張っていきたいです。  

佐藤 僚介 さん 3年生(エネルギーコース)
 危険物取扱者(乙種第4類) / 取得年月日:2016年8月2日

■なぜ、この資格を取ろうと思いましたか?
私は大学3年からガソリンスタンドでアルバイトをしています。 ガソリンスタンドでは危険物を扱うためにこの資格が必要であり受験しました。

■資格試験の勉強方法は?
危険物取扱者のテキストで基礎知識を試験に向けて身につけ、 Webに掲載してある過去問題を多く解きました。

■今後の目標は?
資格を取得し、大学の講義に対する自信がつきました。さらに特別課外活動の単位も認定されました。 これからもこの経験を就活活動などに活かして行きたいで す。  

市沢 らな さん 2年生(エコロジーコース)
 生物分類技能検定 3級 / 取得年月日:2016年2月3日

■なぜ、この資格を取ろうと思いましたか?
セミナーの先生に勧められたことがきっかけです。大学に入学したての頃、何の目標も持てずに悩んでいた私ですが、このことを期に放課後は資格試験の勉強に打ち込むようになり、まずは4級を取得するという目標ができました。そして、4級を取得した時点で「3級も取得しよう」という次の目標ができました。なので、将来を見据えてというよりは、大学で没頭できることを見つけたかったというのが1番の理由です。

■資格試験の勉強方法は?
とにかく過去問を解きました。過去5年分を3回以上は確実に解きました。私の場合、周囲で同じ試験を受ける仲間の中で最も生物に関する知識がなかったので、先生の勧めでまず解く前に過去問の設問や選択肢に挙がっている生き物について自分で調べ、写真とともにWordにまとめ、解説集を自作してバックグラウンドを築きました。その作業が終了したら、あとはひたすら過去問を解いていました。また、試験にはスケッチも出題されるので、実際にサンプルを採取してきて練習しました。

■今後の目標は?
試験勉強は人並みをはるかに下回った知識量からのスタートでしたが、それでも何とか資格を取得できたことで日々の積み重ねの大切さを実感しました。「積み重ね」は、研究をする上で欠かせないものです。これから本格的に始まる研究に向けて、今後は日々の積み重ねを大事にするとともに幅広い知識の習得を目標に、勉学に励んでいきます。