穴澤研究室

この研究室の研究について

本研究室では、コンピュータシミュレーションや数理モデルを通して、生態系保全や持続可能な社会の実現に向けた問題について研究しています。生態系を守り持続可能な社会を実現していくには、生態系や人間社会そのものをよく理解することが必要です。そのため、本研究室では、生態系や人間社会について科学的に理解を深めることに重点を置いています。

生態系や人間社会について研究するのに、なぜコンピュータシミュレーションや数学が必要になるのか不思議に思う人もいるでしょう。例えば、生態系ではいろいろな生物種が食物連鎖などで互いに影響を与え合っています。このため、長い時間が経過した後で全体としてどのようなことが起こるのかを予想するのは、とても難しいことなのです。漠然と頭で考えているだけでは分かりません。このとき、コンピュータプログラムや数式を使って生態系のモデルをつくりシミュレーションする研究方法がとても有効になります。

 

主な研究テーマ

生態系や人間社会についての様々な事柄が研究テーマとなりますが、主なテーマを紹介します。

  • 種多様性が維持されるメカニズム
  • 生態系の急激な劣化・異常が起こるメカニズム
  • 生態系の安定性や持続可能性
  • 空間の広がりが種多様性の維持や生態系の安定に果たす役割
  • 生息地の分断や細分化の影響
  • 有害生物の生物的防除
  • 人間社会の持続可能性
  • 生物を利用した温暖化の防止
  • 個体レベルの相互作用と個体群レベルの動態の関係

詳しくはこちら

湖沼の食物連鎖

 

過去の卒業研究のテーマ

こちらから

 

卒業研修について

こちらから