山田研究室

生態系の機能を活用する水環境保全技術や自然再生を考える

山田研究室では、循環型社会づくりを意識しながら、汚水浄化方法や水環境の管理・再生方法を研究しています。浄化された水やバイオマスの有効利用を考えたり、それによる生態系への影響を探っています。また、科学教育の一つとして、水環境教育の教材・プログラムの開発・実践にも取り組んでいます。これらの研究には、生物・生態系や化学の基礎知識のほか、地域環境調査法や水環境工学・環境マネジメントなどの知識が必要です。

たとえば、

・北上川河口域ヨシ原生態系の管理・被災後の再生方法とヨシバイオマスの有効利用方法の開発

・生物の機能を活用した汚水処理技術の開発

・水生生物を用いた水環境(水質、毒性)の影響評価手法

・ 水環境に関わる環境教育教材・プログラムの提案と実践