著書

  1. 「非イオン界面活性剤と水環境-用途,計測技術,生態影響-」、技報堂出版、2000年(共著)
  2. 「環境保全科学入門-環境の保全と修復-」、生物研究社、2003年(共著)
  3. 「みんなでつくる川の環境目標」環境コミュニケーションズ、2004年(共著)
  4. 「河川汽水域-その環境特性と生態系の保全・再生」、技報堂出版、2008年(共著)
  5. 「 水しらべの基礎知識-環境学習から浄化の実践まで-」、オーム社、2009年(単著)他

主な発表論文

  1. 渡辺悟史,山田一裕,櫻井一平:小株移植を想定したヨシ(Phragmites australis)の初期生長に及ぼす冠水条件の影響,水環境学会誌,Vol.39(5),pp.137-143,2016
  2. 渡辺悟史,山田一裕,櫻井一平,小山田久美:製鋼スラグを用いたかさ上げによる被災後の北上川河口ヨシ原再生,用水と廃水,Vol.57(12),pp.47-54,2015
  3. 辻盛生,山田一裕,平塚明,菊池福道:植栽水路返送水における間欠鉛直流式人工湿地の酸化能力,農業農村工学会論文集,No.281,pp.43-50,2012.10
  4. 辻盛生,山田一裕,平塚明:植栽水路の水質浄化機能におよぼすばっ気・返送の効果,農業農村工学会論文集,No.273,pp.29-36,2011
  5. 辻盛生,山田一裕,平塚明,塚田浩子:寒冷地におけるカサスゲ人工湿地実規模施設の水質浄化特性,農業農村工学会論文集,No.266,pp.33-40,2010
  6. 山田一裕:環境教育における水質汚濁とその浄化に関する一考察,環境教育,Vol.19-3,pp.63-70,2010
  7. 山田一裕:環境教育教材としての合成洗剤の考え方,環境教育,Vol.19-3,pp.54-62,2010
  8. 山田一裕,豊島正幸:水産廃棄物を活用した強酸性土壌の改善に関する研究,第22回環境情報科学論文集,No.22,pp.481-486,2008
  9. 辻盛生,山田一裕,平塚明:視界を遮らない草高の在来種を用いた植栽水路の水質浄化特性-カサスゲ・アゼスゲ・クサヨシを例に-,農業土木学会論文集,No.243,pp.33-40,2006
  10. 山田一裕,三品裕昭,須藤隆一:北上川河口域の塩分濃度分布特性とヤマトシジミとの関係,第14回環境情報科学論文集,No.14,pp.231-236,2000
  11. 金主鉉,片平悦治郎,藤田泰広,山田一裕,西村修,須藤隆一:凝集剤添加・回分式間欠曝気活性汚泥法による畜舎排水の高度処理と亜酸化窒素の放出特性,環境工学研究論文集,Vol.36,pp.455-464,1999
  12. 塩田勉,山田一裕,千葉信男,須藤隆一:ヨシ植栽水路における充填坦体の空隙率が水路の窒素・リン除去能力に及ぼす影響,水環境学会誌,Vol.22(6),pp.505-510,1999
  13. 李先寧,山田一裕,西村修,須藤隆一:間欠曝気を用いた小型合併処理浄化槽の窒素除去特性,浄化槽研究,Vol.11(1),pp.23-33,1999
  14. 山田一裕,須藤隆一:水辺環境の状況が児童の環境意識に与える影響,環境教育,Vol.7(2),pp.50-59,1998
  15. 山田一裕,李先寧,須藤隆一,大川満,阿部克彦,荒木忠:合併処理浄化槽による洗剤成分の除去に及ぼす負荷変動の影響,浄化槽研究,Vol.9(2),pp.33-41,1997
  16. 山田一裕,須藤隆一:住民による水辺環境の評価手法,第11回環境情報科学論文集,No.11,pp.49-54,1997
  17. 山田一裕,伊藤由季子,鹿野信宏,佐々木久雄,須藤隆一:河川のN-BODに及ぼす下水2次処理水の影響,水環境学会誌,Vol.20(5),pp.311-317,1997
  18. 山田一裕,林誠二,北條祥子,須藤隆一:里山における積雪中の化学成分とその挙動,人間と環境,Vol.23(1),pp.2-9,1997