穴澤研究室

卒業研修の進め方

もどる  穴澤研TOPへ

3年後期

卒業研究の準備として、まず、生態系や人間社会を研究するための数理モデルの作り方や解析方法について一緒に学んでいきます。

4年前期

数理モデルと並行して、コンピュータシミュレーションの方法やコンピュータプログラムの作成について学んでいきます。また、先行研究を調査しながら、各自の希望にもとづいて教員と話し合いながら卒業研究のテーマを決定します。

4年後期

各自が設定したテーマにそった研究を進めるために、コンピュータプログラムや数式を使った数理モデルを作成します。作成後はコンピュータシミュレーションを行って、その結果について考察します。研究結果を最終的に卒業論文としてまとめるとともに、卒研発表会で発表を行います。

就職指導

卒業研究の指導と合わせて、就職活動の準備などの進路指導も行っていきます。

もどる  穴澤研TOPへ

 

学生へのコメント

もどる  穴澤研TOPへ

数理モデルの作り方など、研究に必要な知識は研究室に配属されてから学んでいくので、特別な予備知識は不要ですが、高校の数学I, IIや微分積分学Iなどの知識は必要になるので、自信のない人は必要に応じて復習しておいてください。

コンピュータプログラミングをもっと学んでみたい、数学が好き、自然が好き、好奇心が強い、のどれかに当てはまる人は大歓迎です。

生態系以外にも広い範囲で卒業研究のテーマを設定することも可能です。自分で興味をもっていることがあれば相談してください。

最後に、卒業研修は普通の授業のようにテキストを一人で勉強していくものではありません。分からないことがあったとき、研究テーマの設定で迷ったときなど、教員や研究室の仲間と議論することがとても大事になってきます。そのための最小限のコミュニケーション力は身に着けておいてほしいですね。

もどる  穴澤研TOPへ