本専攻の大学院生がOTST2013で研究成果を発表しました

2013年4月4日に京都テルサで開催された OTST 2013(International Workshop on Optical Terahertz Science and Technology 2013)において、環境情報工学専攻の院生が以下の発表しました。

○発表者:環境情報工学専攻D2 三宅良宜
○講演題目:Design of sub-THz-wave generation based on DAST-DFG pumped by injection-seeded OPG
  ⇒ OTST 2013ホームページ