加藤善大准教授が(公財)ソルト・サイエンス研究財団 平成28年度研究助成に採択

 環境エネルギー学科 加藤善大准教授が「海水電解による水素製造のための酸素発生陽極の創製」の研究で公益財団法人 ソルト・サイエンス研究財団 平成28年度研究助成に採択されました。
 近年、水素の大量利用に向けて、水素の製造方法がさまざま検討されています。加藤研究室では、水素を貴重な真水からではなく海水の電気分解により製造することを想定し、海水電解のための陰極および陽極を創製しています。通常の電極を使うと、海水を電気分解する際に陽極からは猛毒の塩素が発生しますが、酸素発生陽極は酸素のみを発生させる電極であります。この研究助成により、酸素発生陽極の新規な作製方法が研究され、さらなる高活性および高耐久性をもった電極の創製が期待されます。
 公益財団法人ソルト・サイエンス研究財団のホームページ
 平成28年度研究助成の採択結果